看護師

消化器外科のがん治療

医者

消化器外科では外科手術や腹腔鏡手術で、すい臓がんなどの消化器系のがん治療を行っています。外科手術によるがん治療は昔から行われていますが、最近は医療水準が向上しており、初期のステージのがんは外科手術で完治することができます。初期のステージのがん患者の多くは外科手術を希望しており、外科手術は人気の高いがん治療になっています。大腸がんなどの外科手術は健康保険が適用されるので、安い費用で治療ができる点も人気の高い理由です。すい臓は医療関係者の間では沈黙の臓器と呼ばれており、初期のステージのすい臓がんは自覚症状がほとんどないことが特徴です。そのため、自分では気付くことがほとんどなく、病院で検査を受けて初めて発覚するケースが多いようです。

昔はがんは不治の病でしたが、医学の進歩によって現在では治療可能な病気になっています。ただし、進行がんは治すことが難しく、がんは可能な限り初期のステージのうちに治療することが大切です。消化器系のがんの中で最も治療が難しいのはすい臓がんです。最近はすい臓がんの患者が増えており、40代になった人はすい臓がんに注意することが必要です。すい臓がんを予防するには糖分の過剰摂取を控えて、禁煙をすることもすい臓がんの予防につながります。すい臓がんの予防で最も大事なことは、定期的にがん検診を受けることです。がん検診を受けるとすい臓がんを早期発見することができ、治る可能性が高まります。がん検診は内科の病院などで受診することができます。