看護師

40歳を過ぎたら検診を

男性

便潜血検査でチェック

日本では増加傾向にある大腸がんですが、早期発見・早期治療で治せる確率が高い病気です。最も簡単な検査は便潜血検査で、自宅でキットを使い手軽に行なえるため人気があります。便潜血検査を受けるだけでも、大腸がんによる死亡率は大きく下がることが知られています。ただし便に血が混じっているだけでは大腸がんの証拠にはなりません。また大腸がんであっても、便潜血検査が陰性になる場合もあります。より精密に診断するには、注腸造影検査や内視鏡検査を行ないます。注腸造影検査はバリウムなどを入れてX線で撮影する方法ですが、正確さでは内視鏡検査には及びません。内視鏡検査は軽度の病変であれば、その場で切除できるというメリットがあります。

内視鏡で精密検査

内視鏡検査を受ける際には、前日と当日に下剤を飲んで、大腸の中を洗浄しておく必要があります。肛門からファイバースコープを挿入しますが、未熟な医師が行なうとかなりの苦痛が伴うので注意が必要です。最近では苦痛の少ない機器も開発されています。しかし同じ検診を受けるなら、できるだけ経験豊富な医師を選ぶほうが良いでしょう。職場や市町村が行なっている定期検診は、問診や便潜血検査が中心になります。そこで異常が見られたら、精密検査へ進むのが普通です。費用の負担はケースバイケースです。人間ドックなどで検査すると、費用はかかりますが精度は高くなります。40歳を過ぎたら大腸がんのリスクも高くなるため、一度しっかりと検査してみることをお勧めします。