聴診器

日本人に多い癌

看護師

胃がんは日本人の死亡原因としても高いところに位置している病気ですが早期の発見によって完治することができる可能性の高い病気でもあります。最近では研究が進み、できるだけ患者さんに負担のない治療法が確立してきています。

詳しくはこちら

消化器外科のがん治療

医者

すい臓がんの治療は、消化器系のがんの中でも難しいと言われています。すい臓がんは早期発見をすることが大切で、積極的にがん検診を受けるとすい臓がんを早期発見することができます。初期のステージのがんは、外科手術や腹腔鏡手術で完全に治せます。

詳しくはこちら

背骨の病気に注意

患者

神経圧迫により起こる病気

背骨は、椎骨という骨がいくつも積み重なってできています。椎骨は筒状になっており、この筒状の場所を脊柱管といいます。筒の中には硬膜というふくろがあり、神経や血管が通っています。この脊柱管が圧迫され狭くなる病気を脊柱管狭窄症といいます。先天性で狭窄症の方もいますが、多くは高齢者に起こる病気です。理由は老化現象により背骨が肥厚したり変形することにより脊柱管が狭窄されるからです。若い時に重いものを持つ仕事をしていたり、長時間運転をしていた人は変形性の脊柱管狭窄症になりやすく、変性すべり症などを持つ人は腰部脊柱管狭窄症になりやすいといわれています。症状としては、腰痛、腰回りの違和感、足のしびれ、間欠跛行といわれる特殊な歩き方などがあります。

病気や症状への対応

脊柱管狭窄症の治療は様々です。まずは、整形外科などで診断を受けます。レントゲンやMRIなどの画像診断にて行います。治療方法は手術療法と保存療法があります。手術療法では脊柱管を広げて神経の圧迫を取り除きます。保存療法では、鎮痛剤などを用いて痛みを取り除く薬物治療、温熱療法や牽引やマッサージによる理学療法、圧迫されている神経に局所麻酔を打つ神経ブロック注射があります。軽度の場合は保存療法、重度になると手術となることが多いです。医師に相談しながら治療方針を決定していきます。他に、日常的に行えるストレッチや姿勢の改善、コルセットなどにより痛みやしびれを柔らげることができます。また、サプリメントなどを飲むことも有効です。グルコサミン、コンドロイチンなどが有名です。これらを取り入れて、予防に努めることも大切です。

40歳を過ぎたら検診を

男性

便潜血検査は手軽にできて、大腸がんの早期発見に役立ちますが、正確性には欠けるため、疑わしいときは内視鏡検査や注腸造影検査を行ないます。40歳を過ぎたら人間ドックなどで精密検査を受けることをお勧めします。

詳しくはこちら

イチオシサイト集

  • 脊柱菅狭窄症をよく知るためのサイト

    ここで詳しい情報を手に入れるといいでしょう。脊柱管狭窄症の治療でお困りならサイトをクリックして自分にぴったりな治療法を探し出しましょう。